弟子入りして占いの勉強

今では占いもより身近な存在となり占い師になるための方法やいくつか道が開けてきています。ですが、まだまだ占いが怪しいイメージで世間的に認知されていなかった時期は占い師になる方法として弟子入りが一般的でした。弟子入りは学びながら師匠の行動もみて占いを勉強できる利点が大きいです。もし弟子入りして占い師になりたい方は知っておくべき情報もあると思うので一読ください。

師弟制度が現在でも普及している占いが東洋系占いです。各占術や流派に分かれて師弟制度を設けている占い師や占術が多いです。そして弟子入りするにもまずは師匠となる先生を見つけることが最優先事項になります。

師匠となる人物の見つけ方は自由です。対面鑑定をしており当たって評判も良い人がいれば鑑定している時に弟子入り志願をしてみましょう。または本を出していたりフリーペーパーなどに連載をしている場合も自分から連絡して弟子入り志願をしていきます。

弟子入りの志願方法

弟子入りを申し込む方法ですが、至って普通です。連絡先が明記されていれば電話、メールなりで連絡をして弟子入りしたい旨を伝えます。

連絡の仕方も一般的におかしくない形であれば問題ありません。企業への面接と同じ感覚で連絡をして丁寧に弟子入りしたい旨を言いましょう。ただ弟子入り志願しても100%受け入れてもらえるとは限りません。弟子をとっていない先生だっています。また多くの弟子がいてこれ以上は教えることが無理といった先生もいます。ですから解答結果は先生によって違ってきます。

例えば占いスクールを開いている先生であれば弟子入りといった形ではなく自分が経営しているスクールに誘いが来るかもしれません。もし遠距離が通うのが大変な場合は通信教育があるかどうかも確認してみると良いですよ。

弟子入りといってパターンは本当に多種多様です。弟子入りと聞くとお笑い芸人のように住み込み、家事、掃除全般などをやるといった昔ながら手法はあまりないようです。そこまでスパルタ教育でありませんね。

また大切なのはやはり熱意です。
一般的には弟子をとっていない先生でもあなたの熱意に負けて初の弟子を取る可能性だってあります。社会人としてふさわしい形で弟子入り志願をすることがまずは第一です。そして師匠に依存するのではなく自分からもしっかりと占いの勉強をしないとまったく技術や知識もついてこないので弟子入りすれば全てが思い通りにいくとは考えない方がいいです。

MENU

Copyright (C) 当たる占いナビゲーター|驚きの占い業界の裏表教えます! All Rights Reserved.