テレビの占いは当たる?当たらない?

占いは直感力も大事な職業です。しかし、そういった第六感をまったく使わない占いも存在しています。

それが多くの方は利用したことのある雑誌や携帯で行う無料占いです。簡単にいってしまうとお遊び程度の占いには直感や霊感といったものが必要ありません。

実はテレビや雑誌の占いコーナーというのは専属のライターがいて監修は有名占い師の方になっていても考えている内容はライターといった場合が多いです。つまり素人が考えた占いである可能性もあります。専属ライターであれば多少は占いの知識も豊富だと思いますが、実際にお客さんを前にして鑑定を行った経験があるかといえば多くのケースでノーだと思います。

よく笑ってしまうのが最初は真面目に占いをやっていたのにネタが尽きたからなのか、いつまにか占いによる運勢などではなく結果が開運アイテムやラッキーグッズに変わっていることです。

ああいったものは意外なほどに適当に作られています。
西洋系、東洋系でも毎日巡る星や干支には固有の色や場所や食べ物が決まっています。例えば火星が良い日に作用する日であれば火星が象徴する赤い服や赤い食べ物がラッキーグッズになるはずです。しかし、テレビを見ているとまったく関係のないアイテムを開運グッズとして紹介しているので笑ってしまいますね。

本当に占いを学んでいる人がみるとおかしい結果であっても不特定多数向けの初心者向け占いはある程度、適当な感じにしていても良いようです。信じる、信じないはそのテレビや雑誌をみた本人たちに委ねられるわけですから。またあくまでその日の運勢を左右するアイテムなどを紹介しているに過ぎないのでテレビや雑誌の占いで人生を変えるほどの占いに出会うことはまずないでしょう。

結果として当たる、当たらないのは本人の意思次第です。本当に占いをやっている方からすると当たる、当たらない以前の問題でまったく見当はずれといったケースが多いようですよ♪

MENU

Copyright (C) 当たる占いナビゲーター|驚きの占い業界の裏表教えます! All Rights Reserved.